【現場インタビュー】営業未経験からのテレアポ転職!すぐに辞めるつもりが、途中から楽しくなってきたワケ

1170view

営業未経験からの営業職への転職って少し勇気がいりますよね。なんとなくの営業職へのイメージから、「私に人を説得することができるの?」「契約数で他人と競ったりするの?」といった、ぼんやりとした不安があるかと思います。

今回はそういった不安を払拭するべく、実際に営業未経験からアウトバウンドのコールセンターへ転職した方にお話を伺いました。


コールセンターの営業を初めてまだ3か月ながら、着実に成績を伸ばしているE美さんから聞いた、未経験からのコールセンター営業の実態とは?!


E美さん



Q.前職は何をされていましたか?

グラフィック制作の仕事をしていました。営業は全くの未経験でした。


Q.どうして営業職へ転職したんですか?

自分の今後のキャリアを考えたとき、営業スキルは必要だなと思ったので。


Q.営業未経験からのコールセンターへの転職って不安じゃなかったですか?

コールセンターで働くという点については、コールセンターでの仕事が、そもそもどんなことをするのか具体的にイメージできなかったので、不安と感じることもありませんでした。


Q.実際初めてみてどうでしたか?

最初は何を話せばいいのか分からなくて怖かったです(笑)。上司に「何でもいいから話してみなさい」と言われながらなんとかコールボタン(これを押すと、お客さんに電話がかかる)を押してみる…という感じでした。お客さんと話してみると、思っていたより話を聞いてくれることにびっくりしました!


Q.現在はどうですか?

最初は結果が出なくて、結構落ち込んだりもしたのですが、トークなどを工夫して色々やっているうちに契約を獲れるようになって、数字を追うことが楽しくなってきました。上司も言っていましたが、「獲れるようになってくると、どんどん楽しくなってくる」、この感覚を、身をもって感じています。


Q.どんな人が向いていると感じますか?

気持ちの切り替えがうまい人でしょうか。お客様の中には厳しい方もたま~にいらっしゃいますので…。私は最初の頃、15分くらい落ち込んでいました(笑)。コールセンターではたくさんのお客様の対応を次々していくので、そういう意味でも気持ちをどんどん切り替えていくのは大事です。


Q.いまコールセンターへの転職を考えている方に何か一言!

未経験からの営業への転職、しかもコールセンターの仕事となると、どんなことをするのかよく見えないし、不安に思われるかもしれません。でも実際は対面の営業より初心者向きではないかと思います。自分では対応しきれないときには上司に頼れるという安心感がありますし、話す内容を目で見て確認しながら喋ることができます。


また、他の人がどんな風に喋っているのか、ログ(お客様との電話内容を録音したもの)を聞くことができるのですごく勉強になります。これは対面の営業をやっていたら中々できませんよね。


そして、何より1日に何度も場数を踏めるので、自分の営業スタイルをどんどん工夫して、実践して、改善していけます。そういうことを繰り返していくとだんだん契約を獲れるようになり、楽しくなってくるんです。


営業っていつも数字を追っていて、なんだかキツそうに思われるかもしれませんが、私の場合、いつの間にか数字を追うことが楽しくなってきています!実は最初、コールセンターで働くのは半年くらいの予定だったのですが、今は責任者になることを目標に、しばらくコールセンターで頑張るつもりです。



インタビューでハキハキと答えてくれたE美さん。


コールセンターで働くことについて、やってみなくては分からないけど、やる前から不安に思いすぎる必要はないんじゃないかな?と感じさせてくれました。


営業の入門としてコールセンターはオススメと知って、ちょっと目からウロコの方もいたのでは?まずは勇気を持って、一歩目を踏み出してみましょう!



> recommend contents