えっ、こんなバイトもあるの!? おすすめの短期バイト特集

1333view

世の中には、さまざまな高時給バイトがあります。

旅行や買い物など急な出費で、とにかく効率よく稼ぎたい!

そんな人たちにおすすめの高時給バイトを、注意点やメリット・デメリットを含めて紹介します。

短期バイトにはどんなものがある?

あなたは短期バイトといえば何を思い浮かべますか?


世の中にはたくさん、短期でできるバイトがあります。配達スタッフ、軽作業スタッフ、棚卸スタッフ、イベントスタッフ、キャンペーンスタッフなど。時期によっては、期間限定のアルバイトもあります。夏期にはリゾート地でのリゾートバイト、プールの監視員、冬季は年末年始限定バイト(クリスマスケーキのデコレーション・販売、年賀状の仕分け・配達などイベントごとに合わせたバイト)が挙げられます。

 

そんな方に最近気になる面白い短期バイトをご紹介いたします。

ご紹介するのは、「ハンドキャリーバイト」です。



ハンドキャリーバイトとは?

ハンドキャリーとは、危険が伴う書類の移動が必要な際に出張者に荷物を託し、スピーディーかつ安全に輸送する事です。通常であれば通関や配送に時間がかかってしまいますが、この方法であれば迅速な対応が可能です。


ハンドキャリーバイトとは、この出張者となり託された書類を国内・海外のお届け先まで無事に運ぶお仕事です。無料で海外や国内への旅行が実現出来る事が、ハンドキャリーバイトの最大の魅力です。無料で旅行できる上に、数万円の報酬までもらえるんです。こんな素敵なバイト、なかなかないですよね。



しかし、こんな素敵なバイトには、やはり働く為の条件があるものです。

国籍や年齢の限定のほかにも条件があります。

募集している会社にもよりますが、

1.健康であること

2.32kgの貨物を持ち運び(ハンドリング作業)できること

3.ビジネス英語が利用でき、英語以外にもう一種類言語が使えること

4.緊急時にも臨機応変に対応できること

5.社会人経験があること

…など、やはりこのように魅力的なバイトには、特別なスキル・知識が必要になってしまうものが多いのです。


短期バイトのメリット

ここで短期バイトのメリットをいくつかご紹介します。


まず、短期間の雇用という事もあり、通常の固定バイトに比べると高時給や高日給となるものがほとんどです。次に、期間が限定されることもあり、短い期間でたくさんのお金を稼ぐ事ができます。


そして何よりも特筆すべきは、給与の支払い方法です。

長期間働く固定バイトの場合、銀行振り込みが一般的です。「その日に働いた分のお給料をその日に受け取れる」そんなおいしいバイトはなかなか無いのではないでしょうか。


しかし、短期バイトであれば話は別です。短期バイトであれば、その日に働いた分のお給料をその日に受け取る事が可能なものがほとんどです。


短期バイトを始めてみようと思うけど、履歴書を書くのが煩わしい・・・


このように感じた事はありませんか?そのような方でも、気軽に働けるのが短期バイトの魅力の一つでもあります。

最近の派遣会社の傾向としては、履歴書の持参不要の所が増えているようです。

本社も遠いし、面接に行くのも大変」そんなお悩みも、短期バイトなら解決できます。

さまざまな地域で拠点をおいていて、面接を各地で行っている派遣会社であれば、面接場所や勤務地も自宅から近い場所を指定する事が可能です。



短期バイトのデメリット

短期バイトにはメリットもあれば、デメリットもあります。

どんなに自分に合った環境、雰囲気の良い職場でも、短期バイトの場合長く続ける事が出来ません。


短期間で完了する作業」を目的としている為、短期間でお金を稼ぐ事は可能ですが同じアルバイト先で長く働き続けたい方にはやはり不向きです。しかし派遣会社や仕事内容によっては正社員登用制度もあるので、勤務先への相談を検討してみるのもありかもしれません。



おすすめの短期バイト

そして、「急きょお金が欲しい」とお悩みのフリーターの方、「長期休みの間に短期バイトでもしようかな」とお考えの学生の方におすすめなバイトが、コールセンターでのバイトです。



コールセンターでのバイトは、スキルアップも出来る上に、高時給・稼げると有名なので、お知り合いの方でも就業されている方は多いのではないしょうか。


コールセンターバイトは、冒頭でご紹介しましたハンドキャリーバイトのように、専門的な知識やスキルが必要では無くても誰でも始められるのです。



体験談

私は以前、年末宝くじのキャンペーンスタッフとして働いた事があります。


年末限定」「短期」「高時給」というワードに惹かれ、出費があり急きょお金が必要だった私は、気づけば派遣会社に連絡を入れていました。いざバイトの現場に行くと、真冬の寒空の下、休憩はほとんど無く大声で宝くじの呼び掛けや宣伝をエンドレスで行うという仕事内容でした。女性にとっては体力的にもかなり厳しく、現場にいたのは男性一人と私だけでした。年齢差もあり、話すタイミングも無く寒空の下ただただ大きな声を出し続けました。お仕事後に頂いたお給料は仕事の辛さに見合うお給料ではありましたが、その一日を通し、辛いバイトだったな、という印象が強く残っています。


そして、コールセンターでのバイトも経験しました。コールセンターのバイトは、きついイメージがありましたが、そんな感じはしませんでした。室内での業務のため、夏の暑い日や、冬の寒い日であってもエアコンで温度管理された事務所内での仕事ですので、キャンペーンスタッフのような辛さはありませんでした。2時間に1回ずつ10分ほどの休憩がもらえたので、その間にリフレッシュして仕事に集中することができました。多くの人に話すという意味では、キャンペーンスタッフと似ていますが、スクリプトと呼ばれる台本があったのと、年齢の近い同僚が廻りにいたので、楽しく仕事を進めることができました。


お友達の中には、営業成績も良くて、インセンティブをたくさんもらって、高時給になっている人もいました、努力次第でお給料が上がっていくので、やりがいもありました。



まとめ

いかがでしたか? 肉体労働もあれば、デスクワークもあり、世の中にはさまざま短期バイトがありますので、是非とも自分にあったバイトを探してみてくださいね。


コールナビでは、コールセンターの求人をたくさん揃えています。特典付きのオリジナル求人もありますよ!まずは検索してみてはいかがでしょうか。


特典付き!オリジナル求人を検索する

短期バイトを検索する


自分にぴったりの求人を見つけちゃいましょう♪



> recommend contents