これがつらい…オペレーターの悩みベスト3

3200view

コールセンターのオペレーターと言えば、座って電話がかかってきた時に応対をすればよいという、マニュアルがあれば誰でもできる仕事のように捉えられがちですが、実態はなかなか厳しいものがあります。

どんな仕事も悩みはつきもの!そこで今回はオペレーターの悩みベスト3をご紹介します。

コールセンターでのお悩み

お悩み1.クレーム対応

オペレーターの悩みでいちばん最初にあげられるのが、クレーマー処理に伴うストレスです。

自分のストレスや鬱憤を晴らすために、さまざまな企業の窓口に文句をつけるクレーマーの存在は社会問題にもなっています。また、定年退職後の時間を持て余した高齢者が延々文句を言い続けるような例は日常茶飯事で、本来の業務に支障をきたす事もあります。

そんなクレーマーと最初に対峙しなくてはならないのが大概コールセンターのオペレーターなのです。

ただ、相手をするだけでも大変なのですが、処理権限がない事と、どんな相手に対しても下手に出て丁寧な姿勢を崩してはいけないのが精神的に非常にストレスになることは想像できます。

お悩み2.座りっぱなし

そして、そんな精神的にハードなオペレーターの仕事に関する悩みで次に挙げられるのが、楽であろうと思われている“座り仕事”から来る負担や身体に関する悩みです。

座りっぱなしでイヤホンとマイクを使う仕事のため、耳の不調を訴える人が少なくありません。

ずっと電話をしているような状態なので致し方ないのですが、耳鳴りや痛みを感じることもあるそうです。

持ち時間の間は席を立つのも難しいため、腰痛のため席を離れることも、自由にトイレにいくことも難しい、などの悩みもあるようで、涼しい所で座っていられるというだけで簡単な仕事と思うのは間違いのようです。

お悩み3.電話が恐くなる

さらに、オペレーター特有の悩みが、電話が怖くなる、というものです。

オペレーター経験者の間では、自宅に電話がかかってきても、びくっとしてしまうという声も聞きます。呼び出し音も道具も全く違うはずなのに、電話そのものに拒絶反応を持ってしまうというのです。

それだけ精神的にストレスフルな職場であるというのは驚きですが、前述のようなクレーマーの処理や、誰かの不手際を代理で謝るというのは気が重いのも当然です。

電話は私達の生活になくてはならないもので、昔と違って今は自宅から出ても携帯電話があり、どこにいても連絡が付いてしまいます。

その道具自体がストレスとなってしまうのは大変なものですね。

コールセンターのこれから

コールセンターは自治体が企業に対して誘致を働きかけるような安定した雇用を期待されている職場です。特に子育て中の女性には、時間の融通が利きやすいうえに、復帰もしやすい職場である事は間違いありません。

どんな仕事もそうですが、上記のようなクレームも、経験を積むごとに対処法が身につき、さほどストレスを感じなくなるなど、乗り越えていくこともできるでしょう。

ストレスや身体的な負担への改善に向けて積極的に取り組んでいるコールセンターも多く、今後はさらに多くの人が、快適に仕事ができる職場となることが期待されます。


> recommend contents