“働きやすいコールセンター”が探せる求人サイト

本日のコールセンター求人数
16,845

コールセンターの雇用形態

2304view

コールセンターで働く際の雇用形態は、正社員やアルバイトなどさまざまです。それぞれメリット・デメリットをしっかり確認し、自分にあった働き方を見つけましょう。

働き方の種類


メリットデメリット

正社員

女性正社員

メリット

  • 雇用が安定している(雇用期間が無期限)
  • 社会保険や福利厚生が適用される
  • ボーナスの支給あり

デメリット

  • 勤務時間が定められている
  • 場合によっては、残業や転勤の必要がある

派遣社員

女性派遣社員

メリット

  • 派遣先を選ぶことで、自由な勤務時間で働くことができる
  • 有給休暇を取得しやすい

デメリット

  • 派遣されている期間のみの雇用のため、安定性がない
  • ボーナスの支給なし
  • 派遣先を変えない限り転勤なし

契約社員

女性契約社員

メリット

  • 正社員と同等の社会保険や福利厚生が適用される
  • 正社員よりも有給休暇が取得しやすい

デメリット

  • 勤務時間が定められている
  • 雇用期間が契約によって定められている(継続の場合もある)

アルバイト

男性アルバイト

メリット

  • 働いた分だけ、給与に反映される
  • 勤務時間を自由に選べる
  • 転勤なし

デメリット

  • 勤務先を変えない限り転勤なし
  • ボーナスの支給なし

あくまで一般的な雇用形態の特徴になりますので、詳しい給与や福利厚生の有無などは必ず勤務先の状況をご確認ください。 

無理な勤務や待遇への不満は、自身にも勤務先にもいいことがありません。自分のライフスタイルにあった雇用形態で働きましょう。

コールセンターの組織

コールセンターによって最適な組織体制・役職・呼び名は違いますが、一般的には以下のような組織体制でマネジメント業務を分担しているところが多いです。

「スーパーバイザー」の下に十数人のオペレーター、という形が多いですが、大人数のコールセンターの場合には、スーパーバイザーの下に「リーダー」をつけます。

また、「トレーナー」(人材教育担当)を専門におくコールセンターも増えてきています。

組織図

コールセンターの業務は、お客様からの電話を受ける「インバウンド(受電業務)と、お客様へ電話をかける「アウトバウンド(発信業務)の二つに大きく分かれます。

電話の受け答えが中心となるため、オフィスワークが初めての方や接客業務が好きな方に人気!

また、シフト制・残業なしの会社が多いので仕事を掛け持ちしたい人や、自分の時間を確保したい人ががたくさん働いています。

オペレーションスタッフ

センターマネージャーコールセンターの総責任者

コールセンターの経営の責任/ 人材育成

マネージャーコールセンターの管理責任者

スタッフ全員の指導・評価 / 経営目標の達成 / コールセンターの効率化

リーダースーパーバイザーの補助担当

新人教育 / オペレーターの管理

オペレーター電話応対担当

受発信業務

マネジメントスタッフ

トレーナーオペレーターの管理・教育

オペレーターの管理 / 受発信の戦略、戦術を開発、運用

クオリティコントロール品質管理

案内・トーク内容の品質向上・改善

サポートスタッフ

バックヤード現場のサポート

入力業務などのデータ作業全般など

コーディネーター人材募集など

就業に関わる契約 / 人材募集


> recommend contents