テレアポマル秘テク~法人に営業する際に気をつけたいこと

851view

法人への営業手段としては、インターネット全盛期の現在でもテレアポが効果的です。

はじめて電話をする時には誰でも緊張するものですが、新規契約を取るためにはプロに徹して進めていく必要があります。今回は法人営業の際のテクニックについてお伝えします。

営業する際の心構え

テレアポテクはとにかく数をあたり、テンポ良く電話をかけていって見込み客を探し当てるのが基本です。

電話した先の法人が売りたい商品やサービスを必要としているかどうかは確率の問題であって、凄腕の営業マンであってもどうしようもない相手もいることを覚えておきましょう。

目先の結果をあまり深く考え込みすぎず、冷静に次の電話をかけるくらいが丁度良く、バランスの取れた案内ができます。

そして、法人に営業する際のテレアポテクとしては、まず担当者と直接会う機会をとりつけることが重要です。

先方もいきなり電話をかけてきた相手と長話をしているほど暇ではないので、商品やサービスの導入部分だけ提示して、ぜひ一度お会いしたいとアピールしましょう。

組織として活動している相手に販売する場合は、脈がある担当者を窓口にして、地道にコネクションを広げていくのが定石です。

覚えておきたい法人向けテレアポのコツ

1.落ち着いたトーンで

テレアポのアプローチ方面のテクニックとしては、落ち着いたトーンで話して、頼りになる人間だと印象づけることが大切になります。

オドオドするなど論外であり、何を言われてもスマートに切り返すぐらいの心構えが求められます。

オフィスで受電対応をする女性

2.切り返しのパターンを用意

法人向けの営業ではすぐに断られることもあるので、事前にいくつか上手い切り返しのパターンを作っておくと良いでしょう。

3.落ち着いたテンションで

電話をする時のテンションについては、法人への営業であれば、できるだけ落ち着いた状態が向いています。

個人向けでは高いテンションで一気に押し切ってしまうのも有効ですが、担当者から上長へ話が回っていく会社組織においては逆効果になりがちです。

基本的なテクニックをおさえて、会話のパターンを研究していけば、むしろテレアポによって契約を取ってくるのが楽しくなってきます。

まとめ

人間の行動パターンはそれほど多くはなく、相手の様子に合わせつつも主導権を握っていれば、一度は直接会える機会が増加していくのです。

担当者と直接話ができれば、それだけで名刺交換ができるので、他の商談につなげるチャンスも生まれます。

挨拶で握手をするビジネスマン

自分の都合だけで一方的に話すのではなく、相手とコミュニケーションをとっていくのが、基本にして極意のテクニックです。


> recommend contents