健康の秘訣!知っておきたい、体のケア

1654view

コールセンターは、座りながらひたすら喋るお仕事なので、のどや耳の不調、座りっぱなしで腰が痛いなど様々な不調が出てくると思います。

特にお客様と対応するのに、声が出なかったら大変ですよね…。大切なのは、体調が悪化する前に予防することです。

そこで、コールセンターで働くうえで知っておきたい、体のケアをご紹介します。

のどのケア

乾燥を防ぐ

乾燥はのどの大敵です。こまめに水分を取り、のどを潤すようにしましょう。オススメな飲み物は、身体への吸収が早いスポーツドリンクです。また、冷たいものより常温のものが良いとも言われています。

オススメ飲み物

  • ポカリスウェット
  • レモンジュース
  • オレンジジュース

のどを休める時間を作る

なかなか、のどを休める時間を作るのは難しいと思います。しかし、ほんの少しでも良いので声を出さない時間を作り、のどのお休み時間を作るよう、心がけてみましょう。

睡眠をしっかり取る

のどを休めるのに1番大切なのは、睡眠をしっかりとることです。睡眠不足にならないようにしましょう。

しかし、長時間とることが必ずしも良いわけではなく「質の良い睡眠をとること」です。90分の倍数を意識して起きる時間を設定するといいでしょう。通常、7時間30分が1番良い睡眠時間になります。

グラフ「国別の平均睡眠時間」

肺活量を増やすこと

のどなのに肺活量?と思った方もいるかと思います。実は、肺活量が多ければ、のどに負担をかけずに声を出すことができ、のどを痛めにくくすることができます。

耳のケア

受話音量を小さめにする

人によって声の大きさは違いますが、なるべく受話音量は小さめに設定し、相手によってこまめに調整するようにしましょう。

耳の休息をとる

コールセンターのお仕事は、耳もずっと働きづめですよね。1日の内、たまに騒音を避けて静かな場所で、休息する時間をつくるようにしましょう。

腰のケア

座りながら少し腰を動かす

椅子に座りっぱなしだったりPCに向かいっぱなしなど、毎日同じ動作しかしなくなりがち。「体を動かさなすぎる」ことも腰痛になる原因の1つです。

しかし、動き回ることも難しいですよね。腰が固まってきたなと感じたら、少しでもいいので腰を動かしましょう。腰を動かすことで、固まった筋肉が動きます。そして、血流が良くなり、腰まわりの疲労もとれていきます。

腹筋をつける

毎日できるだけ、無理をしない程度に、腹筋をしてお腹の筋肉をつけるよう心がけましょう。

血流を良くする

お風呂に入って腰をあたためて、血流をよくしましょう。その後、寝る前に軽めなストレッチをすると、硬くなった筋肉をほぐすことができるので腰痛予防に効果的です。

運動をする

腰に良い運動は、水中でのウォーキングです。水の抵抗で筋力がつき、浮力 により腰への負担が軽くなります。

オススメな運動

  • 水中ウォーキング
  • ハイキング
  • ヨガ

最後に

いかがでしたか?体を健康な状態に保つためには、適度な休息と運動が必要です。作業中、実行するのが難しいものもあるかと思います。できることからはじめてみましょう。


> recommend contents