働くならどっち!?~アウトバウンド編~

1577view

コールセンターの求人などで見かける「インバウンド」や「アウトバンド」の文字。前回はインバウンドの特集をしましたが、言葉の意味はもう覚えましたか?

前回のおさらいになりますが、「インバウンド」が受信業務、「アウトバンド」が発信業務の事を指します。

インバウンドとアウトバンド、それぞれの業務内容について、2回に分けてお届け中です!

今回はコールセンターのアウトバウンド業務についてご紹介します!

アウトバウンドの業務内容

アウトバウンド=発信業務。つまりお客様へこちらからお電話する業務です。

業務として以下のような内容のものがあります。

・商品案内

・アンケートなどの市場調査

・既存顧客へキャンペーン案内…など

自分から電話をかけるのはドキドキする…!という方もいるかもしれませんが、1度かけてみると、そのあとはすんなりかけられる!という事が多いようです。

また、コールセンターへ電話がかかってくるインバウンドとは違って、自分から電話をかけるタイミングを決めることができるので心の準備もしやすいです。

参考にコールナビのアウトバウンド求人もチェックしてみてくださいね!

アウトバウンドに向いている人って?

オペレーター達

では、業務内容がわかったところで、アウトバウンド業務にはどのような人が向いているのでしょうか?

相手へ伝える力を磨きたい方

商品案内などのアウトバンド業務はこちらからお客様へご提案する業務がメインです。そのため、人へ伝える力が身につきやすいです。

実際に働いてみるとわかりますが、話し方によってお客様からいただける成約の数が変わってくるのもアウトバウンド業務の面白いところです!

PCを使ったお仕事が好きな方

こちらはインバウンド業務と共通ですね!お客様とお話する際は履歴を残すことがほとんど。また、お客様の情報管理のために情報記録はPCのみで、筆記用具は持ち込み禁止のコールセンターも存在します。

このような状況を考えるとPCのスキルはオフィスワークをしたい方にとっては必須になってくるのかもしれませんね。業務をはじめた当初はタイピングが遅くても、業務を続けるにつれて速くなったという方も多数います。PCのスキルを上げたい方にぴったりな業務と言えます。

ポジティブな方、またはそうなりたい方

電話をかけた分、たくさんのお客様とお話することになります。お客様の状況によっては、すぐに電話を切られたり、不機嫌そうにされたりすることも。これらの出来事を引きずらずに気持ちの切り替えがスパッとできる方にはアウトバウンド業務は向いています。

物事を引きずりがちな方だと溜めこみやすい分、続けることが辛くなってしまうことも。ただし、「アウトバウンド業務をきっかけに物事を引きずらなくなった!」なんて声もあるので、自分を変えてみたい方はチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

アウトバウンド業務とインバウンド業務、どちらもそれぞれやりがいのあるお仕事です。
コールナビでは、コールセンター求人だけを集めているので、求人検索もラクラク♪ぜひ自分に合ったコールセンターを見つけてみてくださいね!


◆求人検索はこちら!


> recommend contents