出勤の必要ナシ!話題のテレワーク求人(在宅ワーク求人)探しのコツ

3511view

時間や場所にとらわれずに、柔軟な働き方ができるテレワーク。 必ず出社して働くという概念がないので、ライフスタイルが多様化している現代にフィットした働き方です。

テレワークを探している方はこちらから探すことも可能ですので、ぜひご利用くださいね。

今回は、テレワーク求人探しで見ておきたいポイントをご紹介します。

1.テレワークとは

テレワークとはICT(情報通信技術)を活用した働き方のことを指します。

ICTを利用してオフィス外で仕事ができる

テレワークと聞くと語感から、コールセンターの電話業務をイメージしがちですが、実際は違う意味を持っている言葉です。

テレワークは、オフィスから「離れた=tele」場所で「働く=work」ことができるということから作られた造語であり、その名の通り働く場所に制限されない働き方が可能です。

テレワークと類似の意味を持つ言葉としては、「在宅ワーク(在宅勤務)」「リモートワーク」などが挙げられます。どの言葉で表しても「基本的にオフィスに出社するという概念がない」働き方になりますので、ライフワークバランスが重要視されている現代で注目を集めている働き方です。

自宅で働ける「在宅ワーク」について気になる方はこちらもどうぞ。

在宅ワークは働きやすい?知っておきたいメリット・デメリット

2.雇用形態

テレワークは大きく分けて、直接企業に雇用される直接雇用の働き方と、業務委託として仕事を行う非雇用の働き方の2パターンの形態があります。

直接雇用

企業側に雇われる働き方です。

直接雇用は企業に雇われる

「雇用主」と「労働者」の図式が成り立つので、労働基準法も適用されます。求人などでは「在宅勤務あり」と書かれている求人が直接雇用である場合が比較的多い傾向にあります。

直接雇用であれば、正社員、アルバイト、契約社員など、一般的に慣れ親しんだ働き方になります。

業務委託

労働者としての契約ではなく、企業と対等な立場で働く働き方です。企業に勤めるというより、自身が独立した会社として代わりに契約先の業務を行うイメージです。

業務委託は企業間契約のイメージ

アルバイトの在宅ワーク求人を探すと、「委託」の文字を見かけることが多くあると思います。この表記がある場合は、上記の様な働き方になります。

つまり、直接雇用は企業側に雇われる、非雇用は企業の仕事を請け負う、という働き方になります。どのように働きたいのかを考えた上で選ぶと良いでしょう。

また、コールナビではコールセンター関連のテレワークも掲載中です。ぜひチェックしてみてくださいね。

テレワークを探す

3.給与

オフィスへ出社しない働き方である性質上、成果報酬で設定している企業も多くあります。応募前に収入のイメージを持っておくと、安心でしょう。

給与の支給内容を確認する

例えば、コールセンターのテレワーク・在宅ワークであれば、1件電話を対応するごとに報酬が出ることが多いので、1時間で何件ほど対応できそうかという計算しておくと収入のイメージがしやすいです。

成果報酬に加えて、インセンティブが発生することもありますので、その点も加味すると尚良いでしょう。

4.準備するものはあるのか

仕事に必要なものは自分で準備するのか、レンタルができるのか、などの確認をしておきましょう。

また、テレワークはオフィスとの連携のためにネットワーク環境が整っていることが条件とされていることが多いです。ネットワーク環境が無い方は準備する必要が出てきますので、会社が開通工事を手配してくれるのか、自分で手配するのか、開通までにはどれくらいかかるのかなども確認しておきたい点です。

今すぐ仕事をはじめたい!と思っていても、上記のように準備期間が必要な場合もありますので、しっかりと確認しておきましょう。

5.出社は必要なのか

「テレワークOK!」「在宅勤務OK!」と求人にあっても、オフィスに出社しなくてはならない場合もあります。完全なるテレワークなのか、オフィス出社も必要な部分的なテレワークなのかも確認しておきましょう。

テレワークでもオフィス出社が必要な場合がある

また、働く場所についても確認をしておきましょう。

在宅ワークのみなのか、ワーキングスペースなど外での勤務もOKなのかなど、応募先によって可能な範囲が変わってきます。

出社の有無や勤務地は求人に記載されていることが多いですが、不安な方は応募先へ確認するのがベストでしょう。出社が必要な場合はどれくらいの頻度で出社が必要なのかも確認しておくと安心です。

6.まとめ

初めてのテレワークでもポイントをおさえて求人を見て、勤務先選びは失敗のないようにしたいですね。

テレワークによる柔軟な働き方は、働き方改革のテーマの1つとしても挙げられており、社会的な注目も大きくなってきています。企業も社会の流れを受けて、テレワークを導入する企業も増えてきました。

テレワークの中でもコールセンターの在宅ワークは、企業側でマニュアルやサポート体制を整えているところが多く、比較的始めやすい在宅ワークです。

できるだけ家を空けずに働きたいと考えているママさんや、通勤時間のロスをなくして効率的に働きたい方にコールセンターの在宅ワークはオススメです。

コールナビでは転職をお考えの皆様をサポートするコンシェルジュサービスを展開中です。一人で求人を選ぶことに不安を感じている方はぜひ一度ご相談ください。

テレワーク求人について相談してみる

> recommend contents