“働きやすいコールセンター”が探せる求人サイト

本日のコールセンター求人数
16,845

在宅コールセンターで働く際に知っておきたいメリットとデメリット

2821view

自宅にいながらコールセンターの仕事ができる「在宅コールセンター」。ライフワークバランスを重視する方に注目されている仕事のひとつです。

今回は在宅コールセンターとはいったいどのような仕事なのか特集していきます。さっそく在宅コールセンターで働きたい方はこちらへどうぞ。

1.在宅コールセンターとは

オフィスで行うコールセンター業務を、自宅で行うのが在宅コールセンターの業務内容です。

通勤がなく、時間を有効に使える点から、現代の働き方のひとつとして注目されています。

在宅ワークの中でもコールセンター業務は、マニュアルや研修がしっかりと用意されているところが多いため未経験でも始めやすく、お子さんを持つ主婦の方などに非常に人気のある職種です。

在宅ワークについてもっと知りたい方はこちらもどうぞ。

★あわせてチェック★

在宅ワークは働きやすい?知っておきたいメリット・デメリット

どのような仕事があるのか

通販やカタログ販売などの注文受付や操作案内のテクニカルサポートなどのインバウンド系をはじめ、販売業務などのアウトバウンド系など、通常のコールセンターと変わらない仕事内容です。

コールセンターの仕事は研修などがしっかりしているところが多く、未経験からでもはじめやすいという特徴があるので、気軽にはじめやすい仕事であると言えるでしょう。

さっそくお仕事を探してみたい方は求人をチェックしてみてくださいね!

2.在宅コールセンターで働くメリットとは

では、在宅コールセンターにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

他の在宅ワークと比べて給与が高い

未経験からはじめられる在宅ワークの中では報酬額が大きいこともポイントです。

在宅コールセンターは1本の電話ごとに報酬発生するところが多く、その報酬額だけをみるとそこまで大きな額ではないのですが、発信系であれば1本の電話ごとの報酬に加えて、受注ごとにも報酬が発生する仕事もあります。

在宅コールセンターは、成果報酬型の在宅ワークの中では比較的稼ぎやすい仕事が多いでしょう。

求人を探す

自宅で落ち着いた勤務ができる

周りの声が妨げになってお客様の声が聞こえない…というようなストレスから解放されます。

コールセンターの仕事が好きでも、一斉にオペレーターが話しているオフィスの空間が苦手な方もいるかと思います。

在宅コールセンターであれば、仕事中に話しているオペレーターは自分のみなので、業務に集中しやすい環境をつくりやすく、落ち着いた環境で勤務ができます。

3.在宅コールセンターで働くデメリットとは

どんな仕事もメリットだけではありません。在宅コールセンターで働く場合のデメリットについて見てみましょう。

実際の職場の臨場感を感じにくい

実際にオフィスで働くと、たくさんのオペレーターがいる中で勤務するので、自然と別のオペレーターの対応を真似してスキルを伸ばしたり、仲間がいるからこその達成感や仲間意識を感じられることもありますが、在宅コールセンターだと、その環境が用意できないというデメリットもあります。

サポート体制がしっかりしていないと働きにくい

在宅コールセンターは一人でお客様の電話対応を行うため、企業のサポート体制によって安心感も働きやすさも変わってきます。

いくらマニュアルが用意されているといっても、マニュアル外の対応も出てくるもの。サポート体制がしっかりしていないところだと、質問したいときに質問が出来ないなど、ストレスの比重が大きい仕事になってしまいます。

遠隔であっても質問しやすく、業務の不安や疑問を丁寧に解決できるサポート体制がしっかりと整っているところを選ぶことがポイントです。

また、社内情報が常に共有できるシステムが確立されているところを選ぶと、よりいっそう安心です。在宅コールセンターで働く従業員と、オフィスで働く従業員で知識や情報の差を出さないようにしているところは手厚いフォローが期待できます。

求人だけでは判断できない…という方はコールナビにて、在宅でできる高収入の在宅コールセンターをご案内する【コールシェア】サービスも行っていますので、こちらもチェックしてみてください。安心して働ける在宅コールセンターがきっと見つかります!

コールシェアはこちら

4.在宅コールセンターで目指せる働き方

在宅コールセンターは時間の調整がしやすく、非常に人気のある働き方です。

アルバイトによくある「最低3時間~勤務OK」といったような最低勤務時間が設定されていないところも多くあり、スキマ時間で働くことができます。

通勤時間がないので、時間の関係で今まで働くことを諦めていた人でもはじめやすい仕事です。

在宅で仕事をするため、休憩時間に洗濯などの家事を行うことも可能です。

その他にも、食事を家にあるもので済ませることができるので、ランチ代の節約にもなるところも在宅コールセンターの嬉しいポイントです。

こういった点から、在宅コールセンターは効率的に仕事をしたい方にピッタリの仕事でしょう。

5.まとめ

在宅コールセンターは会社の所在地で選択する必要がないので、そのぶん会社の選択肢も多いです。そのため、たくさんの在宅コールセンター求人があって、どこが良いのかわからないといった声も少なくありません。

コールナビでは日本トップクラスのコールセンター企業のサポートが受けられる、在宅コールセンター特化のサービス、コールシェアを展開中です。

無料サービスなので、在宅コールセンターにご興味をお持ちの方はお気軽にご利用くださいね。

コールシェアはこちら

> recommend contents