就活の秘訣!コールセンター経験者が就活を有利に進められる理由とは?

2865view

せっかく働くのなら、バイトにしても何にしても、何かしらのスキルを身につけたいですね!ちなみにコールセンターで働いたら、こんなスキルアップが期待できます!という内容をまとめてみました。
コールセンターで働こうか迷っているアナタ、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1

コミュニケーションスキル

なんといっても身につくのはコミュニケーションスキルです。 お客様と面と向かって話せない分、電話越しからお客様の言いたいことを読みとった上で、正確な情報を伝える力、そこからの提案力や交渉力など、社会に出てどの分野で働くにしても役に立つ力が自然と身につきます。
また、コールセンターでの仕事と、対面での仕事の大きな違いは場数の踏み方。お客様とのやりとりの量がコールセンターの方が圧倒的に多いです。それだけ聞くと大変そう…と思ってしまうかもしれませんが、マニュアルを見ながら対応できますし、いざと言うときには責任者に対応をお願いできるところがほとんどですので、心配しなくても大丈夫です。

まずは自分のできる範囲でやっていけるので、「将来は対面の営業を目指したい!」という方は、まずアウトバウンドで経験値を稼ぐのがオススメです!

2

社会人マナー/ビジネスマナー

社会人として、電話口での対応=その人の印象、になりがちですよね。
やりとりの基本がメールとなった今でも、やはりいざというときは、電話をかけることがほとんどだと思います。
そんなとき、伝えたい内容を意識しすぎて変な言葉使いになってしまったり、相手の伝えたいとこがよく分からなかったりで、社会人になってから困ることって意外に多いですよね。コールセンターで働くということは電話口での対応のプロになるということですので、ビジネスマナーとしての電話対応・言葉遣いは研修や経験を経て格段にスキルアップします。

大学生のアルバイトとしてコールセンターがオススメなのは、このスキルを身につけることができて、しかも高時給!という一石二鳥のバイトだからです!

3

パソコンスキル

ほとんどのコールセンターでは、お客様とのやりとりや情報をパソコン上のソフトウェアに入力します。また、仕事内容によってはWordやExcelを使用することもあるので、初めは文字を打つのがやっとでも、いつの間にかブラインドタッチができるようになったり、管理ソフトを使いこなすようになったりすることもあるようです。

コールセンターでは仕事のスピードを求められることが多いですが、業務の効率化のためにショートカットキーを覚えたり、正しいタッチタイピングを覚えたりして少しずつ工夫を重ねることで、スキルアップにつながり、他の職種でも活用できる財産となっていくでしょう。

4

専用スキル

これは働くコールセンターによりけりですが、そのコールセンターで取り扱っている分野を基礎から学べます。
たとえば通信を扱うコールセンターであれば「インターネットとは何か?」という話から始まり「プロパイダとは?」「光回線とは?」など、どんどん知識を深めていき、最終的にお客様にオススメの商品を提供できるようなスキルに上達していきます。他の分野では、金融や保険、電気機器のカスタマーサービスなどがあります。

最初は単なる興味本位かもしれませんが、コールセンター業務を行うことにより、いつの間にか、その分野での専門スキルが身につき、転職した際にも活躍できる貴重な経験が得られるかも知れません。

最後に

いかがでしたか?お仕事をするのなら、何かしら成長を感じられる環境でやりがいを持って働きたいですよね。そんな、あなたにオススメなコールセンターでの業務。ぜひ一度応募してみては?

> recommend contents