最初からスキルは必要?気になるヘルプデスクの仕事内容とは

918view

コールセンターの仕事の中でも、お客様のサポート対応をするヘルプデスクやカスタマーサポートの仕事に興味を持っている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。サポート系のコールセンターは都市部を中心に多くの求人があり、はじめやすく採用のチャンスも十分にある仕事です。

今回は、お客様向けヘルプデスクコールセンターの仕事内容を詳しくご紹介します。

ヘルプデスクとは

ヘルプデスクは自社商品の操作方法など、製品に関するお客様のお困りごとを解決していくことが仕事です。

企業によって名称は様々で、ヘルプデスクやカスタマーサポート・テクニカルサポートなどと呼ばれる場合があります。

サポート系コールセンターで働く人たち

ヘルプデスクはどの企業も基本的には、操作案内やトラブル解決の窓口として機能していることが多いです。

企業によってはサポート業務と顧客情報変更などの別業務を一緒に行う場合もあります。応募の際は求人をよくチェックしたり、企業に直接確認して、仕事内容の認識相違がないようにしましょう。

ヘルプデスクの時給

インバウンドコールセンターの中では比較的、高時給なのがサポート系コールセンターの特徴です。

インバウンドにしぼって求人を探している方には、魅力的だと思います。なぜ、インバウンドなのに高時給?と疑問に思われた方もいるでしょう。

ご存知の通り、コールセンターはアウトバウンド業務の方が営業活動を行う分、時給も高めに設定されています。インバウンド業務は電話を受けることがメインであり、売上に直結する機会はあまりありません。そのため、インバウンド業務はコールセンターの中でも時給が低めに設定されている傾向にあります。

では、売上に直結する機会が少ないであろうヘルプデスクの仕事が、高時給である理由とはなんでしょうか。

それは知識やスキルが他のコールセンターより必要で、専門的な対応が求められることにあります。

ヘルプデスクの仕事内容は操作案内などがメインで、知識やスキルが必須条件になってきます。そのため、インバウンド業務の中でも時給を高めに設定しているところが多い傾向にあります。

ヘルプデスクの仕事内容

知識が必要な職業ではありますが、最初から知識やスキルが必要ということではありません。

どんな対応をするにも、商品知識が必須になってきますので、入社直後の研修は手厚く行っているコールセンターもあり、未経験者でも歓迎しているところが多いです。

知識を得ることが好きで、人に教えることが好きな方であれば、サポート系のコールセンターは天職と言えるでしょう。

オフィスで完結させる仕事

ヘルプデスクの仕事は、お客様からのお問い合わせを電話で完結させることが多く、訪問対応などをする場合は他部署に引き継ぐなどの対応になるため、オフィスの外へ出て業務を行うことは基本的にない仕事です。

伝え方に関しても、ただ案内や説明をするのではなく、お客様へわかりやすく説明できることが求められます。コミュニケーションを取ることが苦手に感じている方も、仕事を通してコミュニケーションスキルが自然と身についていくことでしょう。

また、お客様のお困りごとを解決できたときは、感謝の言葉をいただけることがあります。この言葉を聞けることが嬉しくて続けているという方もいるほどで、やりがいを感じられる仕事です。

まとめ

ヘルプデスクは扱っている商品のテクニカルな部分に触れることが多いので、専門的な知識やスキルを身につけたいと考えている方に最適な仕事内容だと言えます。

研修がしっかりとしているところが多く、未経験からもはじめやすいのも特徴です。

気になる方は、一度求人を見てみてはいかがでしょうか。新しい出会いがあるかもしれませんよ。

求人情報はこちらから

> recommend contents