沖縄に移住したい!? それなら那覇市のコールセンターがおすすめですよ!

2552view

沖縄県のコールセンターで働きたい方へ、沖縄県の魅力と、沖縄のコールセンターで働く魅力について紹介します。

沖縄県の観光スポット

沖縄の観光スポットと言えば、美ら海水族館、首里城公園、国際通りが有名ですね。

美ら海と言えば、巨大水槽で悠々と泳ぐジンベイザメ、マンタ、ウミガメが有名ですね。スキューバダイビングでもなかなか遭遇するのが難しいジンベイザメやマンタですが、水族館なら確実に見られますからね。
ただ、美ら海水族館は、那覇空港や那覇市内からは少し遠い(車で2時間くらい)です。さらに、沖縄は公共交通や路線バスがあまり便利ではありません。高速バスやタクシーもありますが、ほとんどの方がマイカーやレンタカーを使っています。

首里城公園

首里城公園は、世界遺産である首里城が見られます。真っ赤な建物が印象的で、琉球王国の文化に触れることもできますが、首里城までの景色もとても奇麗です。

国際通りは個性的なTシャツや那覇市第一牧志公設市場が有名ですが、奇跡の1マイルと言われていて、第二次世界大戦で焼け野原となった状態からの沖縄復興のシンボルでもあります。毎年8月には、1万人のエイサー通り隊も有名です。ゆいレールの駅では、県庁前と牧志の間となります。

その他には、きれいな海もいいですよね! 4月ぐらいから海開きになるので、思う存分海水浴を楽しむことができますが、紫外線が強いので、日焼け対策は十分にやっておきましょう。

宮古島・多良間島・石垣島・西表島・与那国島・波照間島・沖大東島などの離島もいいですが、沖縄本島でも恩納村、読谷村、国頭村など有名なビーチがたくさんありますので、探してみるといいでしょう。

沖縄について

沖縄について

実際に沖縄に住むとなると、どんな感じなんでしょうか!? 家賃(住宅費)が安かったり、食費が安かったりと生活にかかるコストは、都心よりは安くなるでしょう。ただ、とても蒸し暑く、エアコンは必須になると思います。沖縄は湿度がとても高く、エアコンの排水溝から出る水の量も半端じゃありません! アパートやマンションを借りる場合には、排水も含めたエアコンの工事がしっかりと行われているか、確認しておきましょう。あと、台風も多いので、災害対策を確認しておくことも大切ですね。

公共交通が不便なので、ほとんどの方がマイカーで移動します。都市部から外れるところでは、車は必須となるので、自動車免許がまだの方は、早めに取得しておきましょう。

関西空港や羽田空港など飛行機を使ってのアクセスがいいので、東京や大阪に住んでいる方や、実家がある方でも、移動はそんなに大変ではないかも知れません。

沖縄料理について

実際に沖縄に住むことになったら、沖縄料理を食べる機会も多くなるでしょう。有名なのは、ゴーヤチャンプルーやソーキソバ(沖縄ソバ)があります。

ゴーヤの苦みが苦手な方もいるかも知れませんが、実際に沖縄の暑い環境で食べると、あの苦みが癖になります。沖縄ソバは、蕎麦粉は一切使われず、小麦粉だけで作るので、饂飩のように感じてしまうこともありますが、沖縄でそばと言ったら、沖縄ソバを意味します。ソーキそばは、三枚肉がトッピングされた沖縄ソバとなります。あと、ジャスミン茶のことをさんぴん茶といいます。

なぜ沖縄がいいの?

なぜ沖縄がいいの?

沖縄県にもコールセンターはたくさんあるのですが、これはなぜなんでしょうか?
土地代が安い、人件費が安いといった地方特有の理由もありますが、実は他にもあります。沖縄県は、観光業が盛んで、多くの方がツアーガイド、バスガイド、ホテル業、飲食業など観光業に関わっています。観光は人を喜ばせるのが仕事で、サービス精神やホスピタリティが大切です。

特にシニア向けのカスタマーサポートなど、ホスピタリティを大切にしているとことでは、沖縄県の方の県民性と良くあっていて、サービスの評判もいいそうです。
会社から、沖縄県の青い海を見て癒されるというのもありますが、託児所完備など女性従業員が働きやすい設備や環境が整っていることもポイントですね。

沖縄県では、仕事に困ったら、コンビニかコールセンターと言われているらしく、地元でも人気の職種となっているようです。

コールセンターのメリット

コールセンターのメリット

沖縄県の給与水準は、本土と比べると、残念ながらそんなには高くないようです。でも、大手企業のコールセンターで、SVなどリーダーになったら給与や有給休暇など本土レベルになるとも言われています。

その他にも、特別な専門知識や資格が不要、ネイルOK、採用される確率が高い、バイト・派遣社員・正社員の様々な雇用形態がある、エアコンが効いた室内での勤務(事務系、オフィスワーク)、バンドマンOK!、シフト制で自分のスケジュールに合わせられる、ブランクがあっても大丈夫! などといった理由があるようです。

沖縄のコールセンターで働くには

沖縄のコールセンターで働くには

沖縄のコールセンターで働く場合、直接現地に言って、説明会や求人情報を探す方法もありますが、関東や関西に住んでいても大手のコールセンターに応募するなど、就職活動を行うことも可能です。

車の免許は必須です。すぐにではなくても、自家用車を購入できる様、準備しておいた方がいいでしょう。

あとは、第二次世界大戦など沖縄の歴史についても勉強しておきましょう。糸満市などに行けば、勉強することもできますので、観光もいいですが、日本の歴史も勉強しておきましょう。

最後に、これが一番大切ですが、自分が生まれ育った場所以外で仕事をするとき、一番大切なのは、健康です。健康管理をきちんとして、楽しく充実した沖縄でのコールセンターライフをおくりましょう!

> recommend contents