話すのが苦手な方へ、テレビショッピングのコールセンターをおすすめする理由!

1825view

コールセンターと一言でいっても、アウトバウンド(発信)・インバウンド(受信)の違いから始まり、カスタマーサポートや受注窓口、料金の督促、などさまざまな種類に分けられます。

それぞれどんな仕事内容で、どんなお客様をご案内するのでしょうか?今回はテレビショッピングのコールセンターについてご紹介いたします!

主な業務内容とは?

テレビショッピングのコールセンターでの主な業務は、テレビコマーシャルで紹介された商品の申し込み対応です。テレビショッピングの放送時間に合わせて、事前に電話対応や手順を確認し、コマーシャルの終了と同時に受電がスタート!

一気にかなりの受電がくるので時間帯にあわせて、オペレーターを多めに待機させるのもテレビショッピングのコールセンターならでは。そのため、短時間勤務の求人募集が多くなります。

受電ではお客様の個人情報や注文内容をどんどん聞き取ります。通常のコールセンターでは、パソコンを使ってデータ入力をするところが多いですが、コマーシャル放映後の受電スピードに対応するため、テレビショッピングのコールセンターは、現在でも手書き対応のところが多いそうです。

仕事内容としては、比較的単純な作業なので専門知識は特に必要ありませんが、必要に応じて商品知識などを勉強していく必要があります。

ビジネスフォン

こんな方にオススメです!

★コールセンターのバイトが始めての方
お客様の情報を聞き取ることが主な業務ですので、「コールセンターで働くのが初めて」という方でも、比較的取組みやすいお仕事内容です。

商品知識などが必要になる場合もありますが、「その商品を買いたい」と思って連絡してくださる方がほとんどなので、お客様の購買意欲を高めるというよりは、安心してご購入していただくための意味合いが強いです。

★聞き上手な方
テレビでのコマーシャルをご覧になって、電話を下さる方の中にはご高齢の方も多く、住所や電話番号などの個人情報がスムーズに出てこない方や、自分の喋りたいことを、一方的に喋りたがる方もいらっしゃるそう。

そんなときには、ひたすら聞き手にまわりつつ、お客様の情報を聞き出すことが求められますので、話すのが得意!という方よりも聞き上手な方にオススメかもしれません。

> recommend contents