“働きやすいコールセンター”が探せる求人サイト

本日のコールセンター求人数
17,382

通販、ヘルプデスク、保険、カード…電話対応が必要な職種の定番は?

599view

企業の職種は色々なものがあるのですが、その中には電話対応が必要となっているものもいくつかあります。そのような職種の会社は基本的に自社だけではなく電話対応を専門に取り扱っている業者であるコールセンターを設置することによって対応するようにしているのですが、そもそもコールセンターを設置するほど電話対応が必要とされている職種としてはどのようなものがあるのでしょうか。

電話対応が必要な職種の定番とは

通販関連のお仕事

最も代表的かつ定番の職種として言われているのが、通販関連です。

特にテレフォンショッピングなどの電話を掛けることによって商品を購入すると言う形式の通販を取り扱っている職種にとって電話対応は必須であり、それがそのまま商品販売や利益につながっていることから非常に重要とされています。しかも電話線が混線することも懸念されるので、ほとんどのところでコールセンターを設置して混線を避けながら商品販売を行っています。

それ以外にもインターネット通販やカタログ通販でも電話対応は必要不可欠とされており、質問に受け答えをしたり商品の購入・返品・解約や苦情対応をしたりと幅広い業務で利用されています。

ヘルプデスク

ほかにも定番となっているのがヘルプデスク関連の業務です。ヘルプデスクとはパソコンやソフトウェアの使用方法やトラブルに関する問い合わせに対応する企業内の業務部門であり、主にIT関連で利用されていますがほかにも家電販売など幅広い業種で利用されています。

こちらは企業内で対応する事もあるのですがコールセンターなどに外注するということも珍しくないですし、主な受付が電話となっていることから問い合わせ窓口として必要不可欠なものとなっています。

ヘルプデスク

保険のご案内・お問い合わせ対応

さらに保険関連の業種では訪問して商品を販売する以外にも、電話を掛けて商品を宣伝するアウトバウンド関連の業務でも電話での対応が必須となっていることからコールセンターが必須の業種として知られています。

この保険関連での電話の対応は直接商品の契約に繋がると言う部分は当然ですが、直接店舗まで足を運んでもらえるかどうかなど契約のきっかけになるかどうかというところも関わってくるので重要な業務のひとつです。

ほかにも営業関連の業種についてはインバウンド・アウトバウンド業務として電話の対応が必要となっているなど、インターネットが普及してきた昨今でも電話による受け付けや業務は直接顧客とのつながりになるので必須となっているところが非常に多くなっているようです。

カード会社の受付案内

保険と同様に顧客直結が肝心になってくるのが、クレジットカードを始めとするカード会社の電話対応。

問い合わせとして多いのが、入退会のお問い合わせ、利用方法、料金に関する質問など、リボ払いに関する質問や利息に関する質問など、お金に関する幅広い知識も必要になります。

また、ショッピングセンターや百貨店、ドラッグストアなどと提携しているものが多く、新しいサービスも日々増えてくるのでサービスの案内業務などもあります。

オペレーターたち

働くとなると、どのコールセンターでも商材に関する幅広い知識が必要になるでしょう。

また、ヘルプデスクなどは機器が使えないなど、動かないと言った、イライラしたお客様からのクレームなどに最初は苦戦するでしょう。お客様から詳しい情報を聞き出して、わかりやすく説明をするというのは慣れるまでは苦労をすることも考えられます。

また、保険やカードなど金融系のコールセンターは、クレームに対する対応力が求められます。人はお金が絡んでくると、主張が強めになり、時にはひどい言葉を浴びせられる可能性もありますが、お客様が怒っているのはサービスに対してであって、自分に対してではないということを念頭に、真摯に対応していきましょう。幅広い知識と対応力が求められる仕事なだけに、時給や給与が高いというメリットもありますので、挑戦してみるのも良いでしょう。

> recommend contents