もう疲れた!美容師・エステティシャンを辞めたい人におすすめの転職先とは?

410view

華やかなイメージのある美容師やエステティシャンのお仕事。その一方で働く人は長時間労働や給料面で不満を持ち、異業種への転職を考えている人もいるのではないでしょうか。

また1から他業種でスタートするとなると、大変と思う方も多いと思いますが、これまで培ってきたスキルなどを活かして働ける職場もたくさんあります。今回はそんな美容師、エステティシャンにおすすめの転職先についてご紹介します。

美容師・エステティシャンの仕事でよくある不満

過酷な労働時間

美容師やエステティシャンのお仕事は、1日の勤務時間が長く、朝早くから夜遅くまで働くというケースが多いです。お客様の予約が立て込んでいると、食事が満足に取れないこともざらです。美容師の場合は、新人時代には技術を磨くための練習(講習)は休みの日や営業終了後に行うことが多く、プライベートを割いてしなければならなりません。

ノルマや無理なセールス

エステティシャンの場合、ノルマを課せられているお店がほとんどです。場合によっては、無理なセールスなど強いられることもあります。

常に気を張った環境

美容師やエステティシャンにとって、技術以外で大切なものは、接客能力やお店のスタッフとのコミュニケーション能力です。お客様には明るい笑顔に気の利いた対応。また、お店の先輩や後輩と円滑に仕事をしていくための言葉のやりとりや動作が必要です。お店では始終気を張っている状態で、一日終わればぐったり…という美容師やエステティシャンは多いようです。

生活習慣による職業病

仕事のほとんどが肉体労働。腰痛や腱鞘炎、手荒れなどにも悩まされる人もいます。

美容業界で培った経験を活かして働けるお仕事

美容師やエステティシャンの仕事で培った能力やセンスの良さはいろいろなところで活かすことができます。またコミュニケーション能力の高さは他の業界への転職をする際のアピールになります。

アパレル

美容業界の仕事は最先端の流行をキャッチし、センス良く取り入れることがポイントになります。アパレルの仕事の方向性も似ています。また、美容業界での接客の経験は、店頭での接客にすぐに活かすことができます。

ネイリストやアイリスト

トータルビューティーをコンセプトとする美容室にネイルサロンが併設されている所もあります。勉強したネイルの知識を生かして「ネイリスト」とデビューすることも可能です。また、美容師の資格を持っていればマツゲエクステなどを行うことも可能なので、「アイリスト」として転職も可能でしょう。

専属のスタイリスト

クライアントの要望に従い、ファッションやヘアメイクなどをトータルで提案する仕事です。よくあるパターンは事務所に所属して、アシスタントから経験を積むという方法と、フリーで活躍するスタイリストに付く方法などがあります。テレビや雑誌の撮影などの仕事などを受け持つと、華やかでやりがいがある反面、長時間労働を余儀なくされたり、重い荷物を持って移動をしたりと体力的、精神的にも大変な仕事になります。

営業

特に男性の美容師さんが転身を図りやすい仕事です。例えば、美容室と取引先の美容系の道具を扱っている会社に転職する…というパターンです。ユーザーとしての知識が存分に活かせます。また、お客様に親身になれるという強みを生かして、不動産や保険会社の営業など、違和感なくできるではないでしょうか。

事務

美容業界の労働環境で仕事をしてきた忍耐力や接客を通じて養われたコミュニケーション能力はオフィスでも充分に生かせます。ただし、経験不問や資格不問の求人はどうしても倍率が高くなりますし、比較的年齢が若い人の方が採用されやすい傾向になります。美容師から事務系に転職する場合、資格を取得したり、パソコンの勉強をしたりして転職を図った方がスムーズにいくでしょう。

転職先としてコールセンターがおすすめ

コールセンターの仕事はお客様からかかってきた電話に応える業務(インバウンド)と、こちらから見込み客やお得意様に電話をする業務(アウトバウンド)があります。コールセンターの仕事は研修などの制度が充実しているので、インバウンド、アウトバウンドの仕事はすぐに始められます。もし、美容業界での知識を活かしたいのなら、美容に関連した会社のコールセンターに勤めるのも一つの選択です。
おすすめの美容系のコールセンター求人はこちら

コールセンターは空調の効いた部屋での完全内勤。少々体力に自信がない人でも働くことができます。また、働く会社にもよりますが、ほとんどの場合服装も自由です。髪型、髪色、ネイル、ピアスなども基本OKなところも多いので、おしゃれ好きの美容師やエステティシャンには嬉しいポイントです。給料面も心配ありません。美容師の給料は、アシスタントでも月給20万円も届かないお店が多いのが現実です。でも、コールセンターの仕事は高時給。東京都心では、時給1,700円~2,200円といった求人がざらにあります。また、営業主体のアウトバンドの仕事になると成績次第ではインセンティブが加算されることもあります。しかも、シフトは融通が利くので、プライベートな時間を生かすことができます。嬉しいことに、美容関係の企業に就職すると、脱毛やまつげエクステなどの社割があるコールセンターもあるので、会社を選ぶ際には福利厚生面もチェックしてみてはいかがでしょうか。
脱毛やまつげエクステなどの社割があるコールセンター求人はこちら 

まとめ

美容師やエステティシャンの仕事は華やかなイメージもありますが、働く人にとってみると、肉体労働で始終気を遣う職場でもあります。もし異業種への転職を考える場合は、これまでのスキルを活かしながら、いい環境で働けるコールセンターも視野に入れてみることをおすすめめします。転職先の求人に求められるスキルや自分が何ができるかを冷静に考え、転職活動を成功させましょう。

本記事は、コールセンター業界に強い求人サイト
「コールナビ」のWebメディア
です。

初めての方へ。
コールナビで出来ること
コールナビとは?
詳しく見る
あなたの
転職をしっかりサポート
求人コンサルタント
詳しく見る
在宅でできる
コールセンターのお仕事
CallShare
詳しく見る
> recommend contents