コールセンター業界で働く人のためのwebポータル“コールナビ”

オペレーター“OP“とは!コールセンターだけじゃない、事務・制作…オペレーターの仕事いろいろ

2047view

「オペレーターにお繋ぎします。」

お問い合わせの際に誰もが一度は聞いたことがあるセリフかもしれません。

オペレーターと言うとテレフォンオペレーターを第一に思い浮かべる方が多いと思いますが実は一言でオペレーターと言ってもオペレーターの仕事には様々な職種があるのです。

ここから様々なオペレーターを紹介していきましょう。

テレフォンオペレーター

コールナビでも何度も紹介してきたテレフォンオペレーター。ご存知の通り、お電話でお客様に情報をお伝えするお仕事です。テレフォンアポインターとの違いは、アポインターは発信する電話営業、オペレーターは受電する側なので、お客様からのお問い合わせに応えたり、注文を受けたりする仕事という点です。

言葉の通信士だけじゃない?オペレーターとは

オペレーターとは機械類の運転・操作をする人のことを広く指します。言葉だけではなく様々な伝達方法を用いて機械を操作していくのでクリエイティブな仕事や事務の仕事でも、様々なオペレーターが活躍しているのです。

ここで、テレフォンオペレーター以外のオペレーターの仕事を紹介していきます。

テレフォンオペレーターの人達

DTPオペレーター

DTPとはDesk Top Publishing(デスクトップパブリッシング)つまり机上で作成する印刷物(広告)などを指します。DTPオペレーターとはデザイナーがデザインした広告やポスター、雑誌などのデザインを、IllustratorやPhotoshopといったDTPソフトを使って修正や加工ができるように印刷用データを作成する人のこと。

デザインや内容によって文字のフォントを選んだり、改行や文字間隔をミリ単位で調整したりと集中力のいるお仕事です。編集や構成などの経験があると活かしていけます。

CADオペレーター

キャドオペレーターと読みます。建築やインテリアの業界などで活躍しているのがCADオペレーター。設計士やデザイナーが作成した構造物や機械などの設計図を正確な図面に仕上げていくお仕事です。CADシステムという設計支援ツールを用いて仕事をすることからCADオペレーターと言われています。

建設会社や、設計事務所、自動車メーカー、音響機器、アパレルのデザイン部門などが職場です。設計士やデザイナーの指示を見落とすことなく、正確で丁寧な作業が求められるので几帳面な方には向いている仕事です。

OAオペレーター

こちらは名前の通りOA機器(パソコン)にデータを入力するお仕事を指します。WordやExcel、Access、PowerPointなどを用いて各種データを作成するのが主なお仕事です。

事務と同じという見方もされPC未経験からでも挑戦できるところもありますが、OAオペレーターとはスペシャリストなので、それなりのスキルが求められます。

例えば、Excelだったら関数を用いた計算やグラフ化が手早くできる、Wordだったら、変換や修正などの処理をスピーディーにこなせるなどスピードや知識を求められるお仕事です。

デスクワークをする男性

まとめ

上記のように、バックオフィス系やクリエイティブの業界にもデータ化して運用・管理をしていくという意味でオペレーターの仕事があると聞くと、オペレーターのイメージも変わってきませんか?

未経験でも挑戦しやすく、スキルを身につければフリーや在宅でもできるので、魅力ですね!オペレーターはオペレーターでも物を生みだすことに興味のある方、特定のスキルを身につけたい方にはオススメです。

デスクワークをする女性

どのオペレーターにも共通で言えることは、正確に情報を伝える、また、正確なデータを創りだすために、コミュニケーション能力が必要ということです。

どの業界にいてもオペレーターという仕事を目指す方は、コミュニケーション能力を磨いていきましょう!

本記事は、コールセンター業界に強い求人サイト
「コールナビ」のWebメディア
です。

初めての方へ。
コールナビで出来ること
コールナビとは?
詳しく見る
あなたの
転職をしっかりサポート
求人コンサルタント
詳しく見る
在宅でできる
コールセンターのお仕事
CallShare
詳しく見る
> recommend contents
PAGE TOP