コールセンター業界で働く人のためのwebポータル“コールナビ”

クラウドPBXを導入するとコールセンターのどんなコストが削減できる?

113view

近年、業種や働き方の多様化により、大小問わずオフィスやコールセンターが増えてきています。中小規模の企業やオフィスが増えていく中で、事業を進めるうえでのコスト管理を考えていかなくてはいけません。
コールセンターがコスト削減を行うポイントは、業種や目的によって変わりますが、今回はその中でも新規オフィスやコールセンター業務にかかるコストを削減する、有効な方法をご紹介します。

オフィスやコールセンター開業時に頭を抱える問題、それは「コスト削減」

オフィスやコールセンターなどを始める際、頭を悩ませる問題の1つが「費用」です。小さなオフィスであったとしても、事務所の入居費や備品などをはじめ、さまざまな費用が発生します。もちろん開業した後も、何かと出費が発生するため、少しでも開業時にかかる費用を抑えられないかと頭を抱えている人も多いでしょう。

そこでコスト削減のために注目したいのが、オフィスやコールセンターで絶対必要となる電話の導入費を抑えることができる「クラウドPBX」です。物理的な機器にかかる費用が大きく、設置するために工事なども発生する電話システムを、大きなサーバーの設置や工事の必要のないクラウドPBXで対応することで、初期費用を大幅に削減することが可能です。

クラウドPBXとは

「クラウドPBX」とは、これまでオフィス・施設内に設置していたPBX(電話交換機)を、インターネット上に用意したものです。大きなサーバーや、電話機など物理的な機器を設置する必要がないため場所も取らず、大がかりな工事の必要もありません。クラウドPBXであれば、交換機に対する費用がかからず、これまで業者を呼んで対応する必要があった、電話機の設定や電話番号の設定なども、WEB上の管理画面にアクセスするだけで簡単に設定が可能なサービスとなっています。

すでにお持ちのIP電話機に使えるだけでなく、パソコン内に入っているソフトフォンにも使えるほか、スマートフォンでも利用できます。

※コールナビではクラウドPBX導入に関するご相談を承っております。ご相談は無料です。

クラウドPBXのご相談はこちら

クラウドPBXの導入で会社のコストを削減できる?

従来の電話設備に比べ、クラウドPBXは交換機に対する費用を大幅に抑えることができます。コールセンターやオフィスの開業・経営に伴い、少しでもコスト削減に繋がるという面は、とっても助かりますよね。

ではクラウドPBXの導入で、削減できるコストにはどういったものがあるのでしょうか。代表的なコスト削減ポイントをご紹介していきます。

コスト削減可能な2つのポイント

①導入コスト

クラウドPBXで抑えられるコストの中でも一番大きい部分と言えるのが、この導入コスト。従来のPBXシステムの場合、電話交換機やサーバーの導入や、利用するビジネスフォン本体の購入、そしてそれらの設置工事費用に数十万円かかっていました。用途や数によっては、その費用は100万円を超えることも。また通常の固定電話を入れる場合であっても、工事費などの設置費用が発生するため、固定電話1台だけでも五万円近くかかっていました。

その点クラウドPBXの場合、大がかりな設置が必要な交換機やサーバーが物理的には必要ないため、サーバー上の初期設定費用のみの発生で済みます。設置工事などもない分、従来のPBXシステムだけでなく固定電話を引くよりも、大幅に安く抑えることができます。

また通常固定電話やビジネスフォンを利用する際、電話機の購入が必要となります。席数や従業員数などに応じて購入が必要となるため、50人規模の会社であっても、五十万円前後の費用が発生します。こうして購入したとしても、小さな事務所などは、仕事の連絡などはほとんどスマートフォンでやるので、固定電話機は置いてあるだけというところも多いのではないでしょうか。

しかしクラウドPBXは、携帯電話やスマートフォンを端末として利用できるため、場合によっては固定電話用の電話機を購入せずとも、スマートフォンや携帯電話で対応することが可能になります。これにより端末代金でかかる費用も抑えることができます。


②ランニングコスト

次に大きく発生するのが、利用していく中で発生するランニングコスト。クラウドPBXは、初期費用や工事費用がかかる変わりに、月額料金が発生するものがほとんどです。

月額料金は発生しますが、それを相殺できるほどのポイントが、通話料です。クラウドPBXの通話料は、固定電話とほぼ同じ3分8~10円が相場となっています。それだけだと何もコスト削減に繋がらないと思うかもしれませんが、この通話料は携帯電話やスマートフォンで話した時も同じ料金という点です。通常、携帯電話の通話料金は30秒で20円ほどが目安なため、例えば3分通話すると、およそ120円の通話料がかかってしまいます。しかしクラウドPBXであれば、3分間で10円前後の通話料で済むため、スマホでの利用が多い人などは大幅なコスト削減となります。

さらに内線設定している端末同士であれば、固定電話・携帯電話などに関わらず、通話料は無料となるほか、クラウドPBXがインターネット回線を使ったIP電話になるため、海外への通話も格段に安く利用することができます。

まとめ

オフィスの開業時には、ただでさえ色々と準備が必要となり、出費もかさむもの。できれば少しでも安く費用を抑えておきたいですよね。オフィスやコールセンターなどにおいて、電話は必要不可欠な存在と言えるかと思います。今までは、どうしても導入費用等でコストを抑えるのが難しかったかと思いますが、クラウドPBXにすることで、大幅に導入時のコストを削減することが可能になります。

導入時だけでなく、ランニングコストとなる通話料もおトクに利用できる「クラウドPBX」。これからコールセンターやオフィスを開業しようと考えている方、リニューアル等を検討している方は、この機会に一度考えてみてはいかがでしょうか。

スマホを内線化できるクラウドPBX「IoTでんわ」

IoTでんわは、スマートフォンで外線電話・内線電話・転送などの対応を可能にしたクラウドPBXです。電話対応に特化しており、例えばIVR(自動音声応答サービス)の機能を組み込むことで「ご予約は1番、お問い合わせは2番を押してください。」といったような音声アナウンスを流してコール誘導ができ、わずらわしい営業電話も抑止できます。

コールナビではIoTでんわに関するご相談、クラウドPBX導入に関するご相談も承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

IoTでんわ導入のご相談はこちら

本記事は、コールセンター業界に強い求人サイト
「コールナビ」のWebメディア
です。

初めての方へ。
コールナビで出来ること
コールナビとは?
詳しく見る
あなたの
転職をしっかりサポート
求人コンサルタント
詳しく見る
在宅でできる
コールセンターのお仕事
CallShare
詳しく見る
> recommend contents
PAGE TOP