コールセンター業界で働く人のためのwebポータル“コールナビ”

【質問】コールセンターバイトでの休憩時間は、仲間と積極的に話すべき!?できれば一人でゆっくりしたいのですが...

2597view

今回は、コールセンター業務中の休憩時間の過ごし方です。パート、バイト、派遣社員、正社員のどれでもいいのですが、休憩時間は、仲間ワイワイガヤガヤと楽しみたいですか、それとも一人で静かに過ごしたいですか?

休憩時間も積極的に話をすべき!

休憩時間といえども、職場にいる間は仕事と考え、仲間と積極的に情報交換しよう!と言われることがあります。確かに、友達を作って、オペレーター同志仲良くなって、「さっきのトーク良かったよね!」「クレーム対応がとても丁寧ですね。勉強になりました。」などお互い成長していく方がいいと考える人もいます。

他にも、休憩時間には、テレアポで営業成績を出しているオペレーターと積極的に話をして、自分と何が違うのか? 徹底的に研究するのがいい!とアドバイスされることもあります。

なぜ、積極的に話すべきだと考えちゃうの?

休み時間も、職場の同僚と積極的にコミュニケーションをとって、盗めるノウハウは盗むべき! なんて考えちゃうことがあります。でも、なんでそう考えちゃうのでしょうか?入社説明会や、研修でそのような説明や助言を受けたから、成功哲学の本にそう書いてあったから、とにかく少しでも早く結果を出したい!と鼻息荒く、焦っているから。などなど、いろんな考え方があると思いますが、どこかで一度立ち止まって、なぜ自分はこのように(これが当たり前だと)考えるのだろう?というのを俯瞰する機会を持つことは、とても大切なことだと思います。

なぜ、休憩時間に話す必要はなと考えちゃうの?

休憩なのだから、リフレッシュスペースでゆっくり休みたい。テレアポで散々しゃべっているのだから、静かにしたい。と考える人もいます。有名なお笑い芸人の中には、テレビに映っているとき以外でも、常にしゃべり続けている人と、テレビ以外ではほとんどしゃべらない人がいるようです。

上記の他には、人見知りだったり、なかなか友達ができなかったりするため、休憩時間には、ひとりでいる場合もあります。

結局のところ、どちらでもいい!

休憩時間も、ワイワイガヤガヤ話すのか、一人で静かにしているのか、結局のところ、どちらでもいいと思います。人間はみな同じではないので、自分にあったコールセンターの成功スタイルを見つけていくのがいいでしょう

休憩時間の1分1秒も無駄にすることなく、先輩・リーダー・SVなど、結果を出している人にピッタリとくっついて、成功する為のポイントを教えてもらったり、自分との違いを見つけてそのスキルを埋めるたりするのもOK!

自分の状態を整えて、ベストな状態で臨むために、一人静かに本を読んだり、仮眠をとったりするのもOKだと思います。その時の気分や体調によっても違ってくるし、話したい人がいれば話せばいいでしょう。

ここは、気をつけよう!

結局のところ、どちらでもいいのですが、自分にはこれがあっている!と思っても、他人にとってベストな方法かどうかは分かりません。無理に他人に押しつけないことが大切です。

いつもみんなでワイワイガヤガヤしているからと言って、仕事の話をしているとは限りません。単なる雑談をしているだけかも知れません。仲間に属しているというだけで、自分が成長して、時給が上がって、インセンティブが貰えるわけではないので、注意しましょう。

また、ひとりでいるのが好きな方でも、クレームの後や、気分の落ち込みが激しい時などは、できるだけ仲間とコミュニケーションをとりましょう。自分ひとりだと、ネガティブなループにぐるぐると入ってしまい、次のコール(電話)にも影響してしまうかも知れませんが、仲間と話すことにより、上手にリフレッシュできる場合があります。

最後に

休憩時間にどうするか? 結局のところ、どちらでもOKです。最初のうちは、いろいろなパターンを試して、どれが一番自分にあっているか、チェックしてみましょう。

自分ではあまり気が進まないのに、無理してコミュニケーションをとろうとしたり、会話に入り込もうとしたりしない方がいいかも知れません。そんな時は、焦っているかも!?と自分の状態を俯瞰して、自然体でいられるよう、こころがけましょう。

コールセンターの面白いところは、いろんな成功者がいることです。是非とも自分と似たタイプの成功者を見つけて、その人の行動パターンを真似していきましょう。

本記事は、コールセンター業界に強い求人サイト
「コールナビ」のWebメディア
です。

初めての方へ。
コールナビで出来ること
コールナビとは?
詳しく見る
あなたの
転職をしっかりサポート
求人コンサルタント
詳しく見る
在宅でできる
コールセンターのお仕事
CallShare
詳しく見る
> recommend contents
PAGE TOP